カードローン「

消費者金融

カードローンとは

消費者金融という名称は、いかにも借金をするというイメージがあって、良いイメージは薄く感じますが、今流行りのカードローンはそんなマイナスのイメージを払拭させてくれるような良いイメージがあります。

何よりも、カード一枚で簡単にキャッシングができるという利点が、そういった良いイメージを向上させているポイントではないでしょうか。

何よりも消費者金融といえば、名称こそ変わったものの一昔前はサラ金(サラリーマン金融)だったことから、厳しい取り立てや高金利といったイメージがあります。カードローンはまだそこまで歴史もなく、貸金法改正後の金融商品のため、厳しい取り立てや高金利ではないので、そういった負の歴史を持っていないことも有利な点かと思います。

では、みんな消費者金融などで借りずにカードローンを使えばいいじゃないかと思われがちですが、そんな簡単にはいきません。審査基準が消費者金融と比べると厳しいのが難点の1つです。

特にメガバンク系列のカードローンは総じて審査が厳しいので、現在他社の借金があるような方は、ほぼ審査には通らないとあきらめたほうが賢明です。

大手メガバンク系列のカードローンは低金利ですし、全国の銀行やコンビニのatmが利用できることから、喉から手が出るほど欲しいカードですが、多重債務やブラックの方は高嶺の花です。

審査が甘いカードローン

しかし大手は無理としても、ランクを落として中小規模のカードローンを選べば審査に通る確率が上がります。消費者金融系列のカードローンもありますし、地方銀行のカードローンもあります。

そういった中小中堅のカードローンは大手ほど審査が厳しくないので、それだけ審査に通る可能性も高くなるというわけです。しかも、消費者金融より金利も低いので、非常に借りやすい金融商品というわけです。